第2回実行委員会報告

*7月21日、エルおおさかにて開催、10人参加

*開会前にドキュメンタリー上映
「ピケをこえなかった男たち」(96年)
ケン・ローチ監督作品ということで、50分の長いビデオだったが、会議に先だって上映した。サッチャー政権下の規制緩和政策で日雇化や解雇攻撃にさらされたリバプールの港湾労働者の闘いと苦悩…。解雇撤回闘争を支援できない労働組合全国組織と、仲間の闘いを無視しえずにピケを越えなかった労働者たち、その家族の厳しい生活などが描かれたドキュメンタリー。国際的な連帯が広がるなか、日本でも東京のビデオプレスと大阪のゼネラルユニオンが協力し、ケン・ローチの快諾も得て制作した日本語版。

*プログラムの検討

①メイン映像/ケン・ローチ作品について検討。小山さんのリストでは18作品もあるが、やはり『ブレッド&ローズ』の認知度が高い。すでに劇場公開され、自主上映などもされているが、この日に参加したメンバーでも半数は観ていないことから、本番に上映する価値があるとの意見も有力。次回実行委員会で確定することを確認した。

②うた/「替え歌」労働ソングの募集を決めた。すでに準備に入っているグループもあるらしい。課題曲として3曲を提示し、それで応募にかける。3曲についてはゼネラルユニオンの遠藤さんが次回会議で提案する。なお、在日ベトナム人少年のラップ名手については、お願いする方向で調整する。

③プレフェスタ/10月中旬頃の開催をめざす。どういう主旨で、どういう中身で開催するかについては、次回会議で山原さんから提案を予定。

*ニュースと賛同呼びかけ
 チラシはすべてのプログラムが確定してから、9月中旬頃の完成となるので、それ以前の宣伝材料として「ニュース」を作成しました。メイン映像候補や、3分間ビデオと「替え歌」レイバーソングの募集を含め、現状の進捗状況などをA4版4ページでまとめています。実行委員会参加メンバーには随時送りますが、それ以外にも必要な場合は丹羽まで請求ください。添付でいい場合は形式もよろしく。賛同呼びかけも作成しました。正式なチラシができるまでは、これで宣伝をお願いします。

*第3回実行委員会の案内
 9月4日(月)18時半、エルおおさか602号室

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。