パワハラなど、世相をえぐる3分ビデオ ~第7回「レイバーフェスタOSAKA」~

パワハラなど、世相をえぐる3分ビデオ ~第7回「レイバーフェスタOSAKA」~

12月19日、エル大阪南館で、第7回目の「レイバーフェスタOSAKA」がひらかれた。

今年の司会は新人の小泉友由子さん、ベテランの津村明子さんがフォローして、スムースな進行だった。

初めは中国のジーンズ工場の女性労働者の姿を描いたドキュメンタリー「女工哀歌」が上映された。彼女たちは、時間給0.5元(6円)で、数ヶ月休みなく働かされる。14歳の少女も年を隠して働いている。正月に国に帰れない主人公が金魚に餌をやりながら「金魚が羨ましい。食べて寝るだけだから」と語るシーンは見ていて胸が塞がる想いだった。

重松昼休みをはさんで関西の3分ビデオが上映された。これは労働や人権をテーマに自ら映像を作ろうという、フェスタの目玉の1つで、11本の公募ビデオが集まった。今年はパワハラをテーマにした作品が目についた。このうち重松智子さんとエンドウノリコさん共同制作の「日赤・いじめの病巣~ずっと不器用な自分が悪いとおもっていた~」という作品は、職場でパワハラにあった事情を被害者の重松さんが語るもの。自作の上映のあと、制作者の一言スピーチがあり、「このビデオを制作したことで、自分が解放された」という重松さんの言葉に、ビデオの持つ力を改めて感じた。

ALT今年は第七藝術劇場の好意で、劇場の半年間通用招待券が賞品の「ナナゲイ賞」が制定され、不安定な外国人教師の実態を訴えたゼネラル・ユニオン制作の「ALT outsourcing」が選ばれた。


Akikan観客の投票で好きな作品を選ぶ「観客賞」も初めて実施され、京都の高菅純子さん制作の「どうしたらいいやろ?空き缶回収禁止条例」が選ばれた。


cho後半は、趙博さんの破壊力があるライブ&トークがインターナショナルで締めくくられたあと、東京の3分ビデオ15本が一挙上映された。切り口、センスなどの点で、東京の作り手の層の厚さを感じさせる秀作が多かった。


JohnnyH最後は「ジョニーH」こと、分限免職と闘う疋田哲也教諭が東京からかけつけて舞台にのぼり、トークを交えながら大阪の橋本府政を鋭く突く歌で、おおいに会場を盛り上げた。


宣伝、販売、協力体制など、今回は反省点が多いレイバーフェスタといえる。内容の充実に比べて、参加者は80名にとどまったのは残念だ。「百年目のヤクソク」などを歌って会場を盛り上げた趙博さんも「わしらライブやるときは赤字にならんように、必死でチケット売るで」ステージから叱咤激励した。

最後まで参加してくれた学生の「今後、一緒にやれることを考えたい」という言葉が希望を感じさせてくれた。

(文責 小山帥人)
スポンサーサイト

レイバーフェスタもうすぐです!

レイバーフェスタもうすぐです!
ぜひご参加ください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。