レイバーフェスタ2006Osaka報告

ひと味深まった大阪のレイバーフェスタ
 ―ラップ、レイバー替え歌の新趣向と3分ビデオの充実―

労働をテーマにして、歌や映像やパフォーマンスを演じてみようという「レイバーフェスタ2006OSAKA」が12月9日、大阪で開かれ、会場の「エルおおさか南館」には昨年を越える120人が集まった。

 はじめに世界の労働者を描いた作品3本が上映された。このうちフランス映画「すべて消えろ」は外国人をアパートから追い出す仕事を命じられた非正規労働者の苦悩を描いたもので、日本でははじめての上映である。

 続いてフェスタ恒例の3分間ビデオ、東京から出品された8本が上映された。いずれもきめ細かいつくりで、さすが東京の作品は洗練されているな、とは参加者の声。

 昼休みのあと、これも恒例の「いこ☆る座」が寸劇を演じ、女性労働者の歴史と現状を祖母、母、娘と三代にわたる会話でわかりやすく表現した。このあとは、今回はじめて公募した「レイバー替え歌」の発表、島唄「均等の風よ吹け」など3曲をアコーディオンの伴奏つきでみんなで歌った。音楽プログラムの2番目はベトナム少年ナム君が自作のラップを歌い踊った。日本社会における在日ベトナム人のアイデンティティを追及する内容で、参加者に強い印象を与えた。

 今回は休憩を多くとり、おにぎりやコーヒー、クッキーなども用意して、くつろぎながらフェスタを楽しもうという趣向、休憩のあとは、メイン映像として、ケン・ローチ監督の「ブレッド&ローズ」を上映し、暗がりの中で思う存分泣いたという人もいた。

 しめくくりは関西の3分間ビデオ、一昨年の6本から昨年の8本、そして今年は10本と本数が増え、内容も。ドラマあり、アニメあり、ドキュメンタリーありで、見ごたえのある作品が多かった。特に、事業廃止を通告された労働者の闘いを描いた「京ガス闘争100日~ついに職場占拠へ」は、親会社への激しい抗議行動や団体交渉を記録したもので、上映のあと、映像に登場した労働者たちが会場で一人一人あいさつし、激励の拍手で迎えられた。

 大阪のレイバーフェスタも今回で3回目、ラップや替え歌の登場に加え、3分ビデオが好調で、来年こそは自分も作ってみるぞ、と意気込む声も聞かれた。格差社会、ワーキングプアーが広がる今の時代のレイバーの課題をどのように文化として表現し、つながっていくか、「レイバーフェスタ」の挑戦は来年も続く。

(小山帥人記)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。