レイバーフェスタ2008の写真

受付

全体1

全体


ダイアン

買い物

スポンサーサイト

楽しく、勇気づけられるレイバーフェスタ(大阪)

 恒例の「レイバーフェスタOSAKA」が12月14日、「エルおおさか南館」で開かれ、映画「蟹工船」や「落語」それに「3分ビデオ」など、労働と社会をテーマにした文化表現の場に140人が集まった。

 「フェスタ」も今回で5回目、「働く女性の人権センター・いこ☆る」の津村明子さんが司会を務め、初めに小林多喜二原作・山村聰監督の映画「蟹工船」が上映された。一躍ベストセラーになり、ブームとなった蟹工船は、現代の酷い労働状況の原点ともいうべき昭和初期の、会社と労働者、そして権力を象徴する軍との関係を描いている。救いのない暗い映画だが、朝鮮戦争下の50年代初期に撮影された時代性を色濃く反映した作品でもある。資本の利益をあげるために労働者を虫けらのように扱う「蟹工船」状況は、残念ながら今の日本社会にも続いている。

 このあと、昼休み休憩に入り、軽食(餃子スープが人気)をとったあと、東京の3分ビデオ12本を一挙上映。緊張する団体交渉や闘争の画面が多かったせいか、アニメーションの「サンタ民営化」が一番好評だった。

 午後はアメリカの港湾労働者のストライキを描いたドキュメンタリー「NO PEACE NO WORK(平和なくして労働なし)」に続いて、在日英国人、ダイアン吉日さんによる創作落語「ワンダフル・ジャパン」が上演された。来日18年のダイアンさんは達者な日本語で「まくら」を語ったが、本編は英語。異文化衝突の面白さと、日本人の外国人に対する発想のワンパターンぶりを風刺し、会場は笑いに包まれた。

 締めくくりは関西勢の制作による3分ビデオ。初回の6本から、8本、10本、13本と順調に増え続け、今年は14本が集まった。特に今年は、6回にわたって実施されたビデオ制作講座の講座生の作品が目立った。なかでも、親子3人の生活を題材にした福西美穂さんの「家族の肖像2008」や、4年にわたる自分の免職処分反対闘争をまとめた伊澤絵梨子さんの「私が教室に戻るまで」は、いずれも初作品ながら、人生と労働を、凝縮して表現した佳品だった。

 集まったアンケートは去年の2倍にあたる58通、書き込みも多く、「関西の3分ビデオくらいなら(!)自分にも作れそうだ」「来年はビデオ制作講座を受けたい」という声もあり、楽しく、考えさせられ、勇気づけられるレイバーフェスタであった。

(小山帥人記)

レイバーフェスタ2008OSAKAチラシ

レイバーフェスタ2008OSAKAチラシです.クリックで大きくなります.
2008チラシ表 2008チラシ裏

レイバーフェスタ2008OSAKA 12月14日(日)

レイバーフェスタ2008OSAKA

2008年12月14日(日)
10:30開場 11:00開演

会場
   エルおおさか南館5Fホール
   地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m 地図

参加費
   当日1,200円 前売1,000円
   学生・失業者・障害者1,000円

プログラム
   11:00 映画 『蟹工船』上映
   13:20 公募3分間ビデオ(東京編)
   14:30 創作落語/ダイアン吉日
   15:10 公募3分間ビデオ(大阪編)
   16:30 終了予定 ※途中休憩を3回はさみます

★『蟹工船』
現代のワーキングプアを描いた映画・21世紀に蘇った映画
小林多喜二の戦前プロレタリア文学の名作を、戦後ほどなく俳優の山村聡が初監督した1編。脚本・主演とも山村聡だが、むしろ無名の俳優たちによる群像劇といえる。カムチャッカ沖で蟹を獲り、缶詰に加工する蟹工船。そんな海上の閉鎖空間で、高価な製品を生み出していた労働者たちだが、その賃金はあまりにも低く、人間らしい扱いさえされなかった。暴力や虐待を受け、過労と病気で倒れていく労働者たち。やがて彼らは、人間的な待遇を求めて団結し、ストライキに踏み切るのだが…。
モノクロ109分/1953年制作/製作・現代ぷろだくしょん

★創作落語/ダイアン吉日
イギリス・リバプールからやって来た、パワフルな女性が演じる日本の笑い
青い目に金色の髪、細身の身体のパワフルガール。関西弁と英語を自在に操り、古典落語を英語で語るかと思えば、創作落語を日本語で喋る。たまたまバックパッカーとして訪れた日本に興味をひかれ、90年から暮らしはじめる。そして、茶道と華道の師範を取り、着物の着付けも完璧にこなす。そんな彼女が見て感じた、日本の良いところや変なところを、歯に絹着せず語ります。

★アナタ自身の制作・監督による公募3分間ビデオ
映像で観る「アナタの仕事・ワタシの権利」
レイバーフェスタが切り開いた新しい映像表現、一般公募による自主制作3分ビデオです。働く人たちの姿や声、問題提起を3分の映像にまとめてください。
東京とも提携して相互に上映する予定です。応募希望者は、著作権をクリアしたうえで、タイトル・制作者・連絡先を明記し、DVミニで下記まで送付してください。

応募締め切り/08年11月30日
作品応募先
   〒533-0011
   大阪市淀川区西中島4-7-2
   チサンマンション新大阪707
   ビデオ工房AKAME気付
   TEL&FAX:06-4805-0234

※募集中※
賛同募集
この企画に賛同していただける個人や団体を募集しています。数多くの協力があってこそ、レイバーフェスタの成功があるのです。
1口:個人1,000円 団体3,000円
郵便振替:00980-9-77056「レイバーフェスタ大阪」

主催:レイバーフェスタ大阪実行委員会
   http://labour.blog71.fc2.com

映像制作講座のご案内

★☆★ 映像制作講座のご案内 ★☆★

日程: 10月8日(水)~11月26日(水)計8回
    毎週水曜日 18:30~21:00
場所: 市民共同スペースSORA (天満橋)(10/8・10/15・11/26)
 ビデオ工房AKAME(西中島南方)(10/22・10/29・11/5・11/12・11/19)

受講料:10.000円

募集人数: 10名(先着)
申し込み〆切:10月8日(水) もう始まっていますが途中からでも参加できます

講師:小山帥人(元NHK報道カメラマン)
   津村明子(元NHKディレクター)
   エンドウノリコ(ビデオ工房AKAME)
   原田恵子(微笑みの国の?女性労働者』制作)

主催:レイバーフェスタ大阪実行委員会

   ビデオ工房AKAME  大阪市淀川区西 チサンマンション新大阪707
   TEL/FAX 06-4805-0234  akamevアットosk4.3web.ne.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。