関西の女性パワーを示した上質の3分ビデオ  ~第9回「レイバーフェスタOSAKA」~

関西の女性パワーを示した上質の3分ビデオ
 ~第9回「レイバーフェスタOSAKA」~

 12月9日、エル大阪南館で、「レイバーフェスタ2012OSAKA」がひらかれた。

 今年はベテランの小崎くに子さんが、初めてフェスタの司会を担当した。観客の雰囲気を読みながら、しだいに会場の雰囲気を盛り上げていく巧みな司会だった。

大阪労働者弁護団、在間秀和弁護士(右、立ち姿)の挨拶
大阪労働者弁護団、在間秀和弁護士(右、立ち姿)の挨拶

 最初の上映作品は、韓国の韓進造船所の集団解雇に反対してクレーンに籠城したキム・ジンスクさんとその支援の運動を描いたドキュメンタリー「塩花の木々~希望のバスに乗る」。冒頭、キムさんの携帯電話を使っての撮影と語りは素晴らしく、韓国の労働運動の連帯力の強さを感じさせる作品だ。

 続いて東京の3分間ビデオ17本が一挙に上映された。観客のアンケートによると「予告編・犬と猫と人間と2~動物たちの大震災」が一番好評だった。母親が不登校の我が子を携帯電話で撮った「家族の風景」も母親とこどもの微妙な距離が映像に表現され、上位にランクされた。

 昼休みをはさんで関西の3分間ビデオが上映された。10本の作品のうち、女性の制作作品が7本を占め、関西の女性パワーを示し、しかも現代をとらえる上質の作品が多かった。小泉友由子さん制作の「関西レインボーパレード2012」は、多様なセクシュアリティを持ったパレード参加者にインタビューするもの、質問と回答がともに明るく、爽やかな雰囲気をつくり出していた。「ZAZAで行こう!」は、君が代に起立をしなかった教員に対する処分に反対するネットワーク、ZAZAの集会を取材したもの。大阪では刺青調査や君が代斉唱時の唇審査など、基本的人権を奪う異常な事態が進行しているだけに、タイムリーな作品になり、観客の投票でも上位にランクされた。ちなみに制作者の新美益子さんは、今回レイバーフェスタのビデオ制作講座に参加し、初めてビデオカメラを買ってこの作品を作った。

 但馬けいこさんの「岩国は負けない!」、陣内恒治さんの「オスプレイ配備反対!沖縄普天間基地前そして高江と辺野古」は危険な米軍ヘリ、オスプレイの配備に反対する運動を記録したもので、今後、反基地集会で上映されることを期待したい。

 後半は、陽斗(ハルト)のオリジナルソングのライブ。昨年突然会社を解雇され、希望をなくしたが、歌うことで救われたと語りながら、「面接」や「ワラッテナイテ」など、自身の経験を素直に歌にした弾き語りだった。

 陽斗(ハルト)の弾き語りライブ
陽斗(ハルト)の弾き語りライブ

 最後は長編ドキュメンタリー、我謝京子監督の「311:ここに生きる-In The Moment-」。東北の震災から立ち上がろうとする女性たちのパワフルな活動に驚嘆させられる。阪神淡路大震災で母を亡くした少女の17年後の姿も希望を与えてくれる。各地でもっと上映してほしい作品だ。

 映像の内容の充実に比べて、今回は参加者が少ないのが残念だ。衆議院の選挙運動と重って来られない人が多く、参加者は70名に留まった。

ビデオカメラによる記録
ビデオカメラによる記録

 集まったアンケートは好意的で、励ましの声が多かった。
★「Face Bookで流されましたか? 宣伝をもっとやったらいいのに」
★「日頃のマスコミで見ることができない、いい作品がたくさんあって感動しました」
★「映像の力って大きいな、、、と自分でも撮ってみたくなりました」
★「ここには良心がある。それも『行動する良心』が!」

(文責 小山帥人)
スポンサーサイト

レイバーフェスタ2012OSAKA チラシ

レイバーフェスタ2012OSAKAのチラシ(PDF)です。画像クリックしてください。


レイバーフェスタ2012OSAKAチラシ表

レイバーフェスタ2012OSAKAチラシ裏


第9回レイバーフェスタ2012OSAKA

第9回レイバーフェスタ2012OSAKA

12月9日(日)
10:30開場 11:00開演

女たちはいかにして大震災から立ち直るのか?
長編ドキュメント『311:ここに生きる-In The Moment-』

大量解雇に抗議して1人の女性がクレーンに立て籠もった!
中編ドキュメント『塩花の木々~希望のバスに乗る』1

アナタ自身の制作・監督による公募3分間ビデオ 大阪作品&東京作品


ライブ
陽斗(ハルト)

今年の会場はエルおおさかにリターン!!!

会場:エルおおさか南館ホール
地下鉄谷町線「天満橋」駅から西へ300m
参加費 当日1,200円 前売1,000円
    学生・失業者・障がい者1,000円


プログラム
11:00 『塩花の木々~希望のバスに乗る』
      公募3分間ビデオⅠ(東京作品)
12:50 公募3分間ビデオⅡ(関西作品)
14:00 ライブ
14:40 『311:ここに生きる』
16:30 終了予定

※途中3回の休憩タイムをはさみます

『311:ここに生きる-In The Moment-』(日本/2011年/90分)

女たちはいかにして大震災から立ち直るのか?それにはどのくらいの時間がかかるのか?
1995年,阪神淡路大震災後に6ヶ月目に出会った長田区に住む7歳のゆみちゃんは,自分の街が火事で燃えてたくさんのお年寄りが亡くなったことを話してくれた.それから私は彼女の成長を見守り続け,老人介護の仕事につく決断を聞いた時には心から祝福した.24歳の今,彼女は立派な老人介護のプロだ.
2001年,同時多発攻撃事件で被災した8歳の我が娘アンナは,今年18歳大学生となった.ビルの破壊を目の当たりにした彼女は,建築物を次世代へと保存する仕事を目指したいと話す.
そして今,私は,東日本大震災の現場で,女たちの復興への思いを聞きまわった.
彼女たちの復興は始まったばかりだ,しかし,それは力強い始まりだった.今回の映画は彼女たちの第一章だ.私はこれからも10年に渡って彼女たちの復興を記録する.

【監督 我謝京子(がしゃきょうこ)】
2011年の5月から東北3県での取材を開始し,被災した女性たちの思いを映像の記録として残した.東日本大震災を生きる女性たちのドキュメンタリー.監督した我謝京子さんは,テレビ東京で報道記者として活躍.2001年に母子単身赴任で渡米し,ロイター社のテレビレポーター&プロデューサーに従事するかたわら映像作家としても行動している.この作品は第24回東京国際女性映画祭にも出品された.

『塩花の木々~希望のバスに乗る』(韓国/2011年/46分)
監督・編集/オ・ソヨン.2011年1月6日早朝,1人の女性労働者が35mもあるクレーンに登って立て籠もった.「韓進重工業の整理解雇撤廃」というたった一つの訴えを社会に伝えるために….彼女の名はキム・ジンスク.彼女の発するツイッターに呼応し,希望の灯りを消さないために,1万人が全国から釜山にバスで集結.整理解雇と非正規職のない世界を目指す労働者と市民の共同行動をとらえた希望のドキュメンタリー.秋までの闘いを活写したパート1を上映します.

陽斗(ハルト)
2008年頃からギター弾き語りによるオリジナルソングを歌い始めるも,11年GW前に会 社が倒産.音楽活動の継続を一時断念するが,12年頃からぼちぼちとしたペースで音楽活動を再開.「日常の一コマを切り取り,多くの人に届くオリジナルソングを歌っています.皆さんと一緒にのんびりした時間を過ごせたらと思っておりますと本人は語る.

公募3分間ビデオ
映像で観る「アナタの仕事・ワタシの権利」
レイバーフェスタが切り開いた新しい映像表現,一般公募による自主制作3分ビデオです.働く人たちの姿や声,問題提起を3分の映像にまとめてください.例年通り,東京とも提携して相互に上映する予定です.応募希望者は,著作権をクリアしたうえで,タイトル・制作者・連絡先を明記し,miniDV又はDVDで下記まで送付してください.
応募締め切り/2012年11月26日(月)

賛同募集
この企画に賛同していただける個人や団体を募集しています.数多くの協力があってこそ,レイバーフェスタの成功があるのです.また,当日のスタッフとして運営に協力していただける人も募集しています
1口:個人1,000円 団体3,000円
郵便振替:00980-9-77056「レイバーフェスタ大阪」

お問い合わせ
〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-7-2 チサンマンション新大阪707
         ビデオ工房AKAME気付
TEL&FAX:06-4805-0234
メール:ffffesta@yahoo.co.jp
ホームページ:http://labour.blog71.fc2.com

PDFチラシはこちら

3・13 韓国のドキュメンタリー「塩花の木々 希望のバスに乗る」(オ・ソヨン監督)の上映会

大阪のレイバーフェスタ実行委員会は、2012年3月13日に、韓国のドキュメンタリー「塩花の木々 希望のバスに乗る」(オ・ソヨン監督)の上映会を行います。関心のある方は見に来て下さい。

日時:  2012年3月13日 18時30分~
場所:  市民共同オフィスSORA(大阪市中央区内淡路町1-3-11-402
      Tel:06-7777-4935/Fax:06-7777-4925
      京阪・地下鉄谷町線「天満橋」(4番出口)から谷町筋を南へ徒歩5分。「文具のディスカウントショップFUKUYA」(吉野家の手前)の角を右折。一つ目の十字路を越えてすぐ左手。藤和シティコープ上町402号室)

主催:  レイバーフェスタ大阪実行委員会
代金:  カンパ

以下、内容の紹介です。
2011年1月、韓国釜山にある韓進重工業の造船所で、女性溶接工キム・ジンスクさんが大量整理解雇に抗議し、高層クレーンでの籠城闘争を始めた。彼女の生き方に共感が広がり、彼女を支援する「希望のバス」ツアーが取り組まれた。ツイッターやフェイスブックでの取り組みも広がり、第2 次バスは150 台が全国から、第3 次には政治家や著名人も参加し1 万5000 人が闘いに参加するなど大きく広がった。
ドキュメンタリーは、キムジンスクさんの力強いアピール、希望のバスの取り組みなどを追う。(上映時間45分)

1月17日打ち合わせ報告

今回は新メンバーを含めて10人を超える会合となりました。レイバーフェスタの収支もわずかながら黒字で締めることができ、ホッとひと息。今年の企画については、先のことなので詳細はまだまだですが、以下のことを決めました

①今年の日時・会場を確保しました
12月9日(日)午前・午後(9~17時)、エルおおさか南館ホール

②フェスタの集まりの継続性を維持するために、定期的(1、2月に1度程度)な上映会の会合をもつ。会場代を安くあげるため、場所はSORAとして、会費制(1回200円でどうですか?)にする。そのうえで次回については、以下の要綱で行う

■3月13日(火)18時半、上映作品は「希望のバス」(釜山でのクレーン籠城闘争を支援する全国行動の記録、日本語字幕付)。40分ほどの映像らしいので、あと計20~30分程度の映像を追加することも可能。推薦作があれば、MLに流してもらって調整すればどうですか?

*SORAの住所はこちら
大阪市中央区内淡路町1-3-11シティコープ上町402  ℡7777-4935
※谷町線の天満橋駅と谷4駅のちょうど間あたり、谷町筋東側の文房具フクヤの角を東に  進んで1つ目を過ぎたところの北側にあるマンション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。